三重県 葬儀社 四日市市 亀山市 / 伽蓮

葬祭コーディネーター 川戸弥生

〒519-0105 亀山市みずほ台14-321
四日市店 TEL:059-351-5122 | 亀山店 TEL/FAX:0595-83-0600

ごあいさつ 店舗概要 知っておきたいこと 伽蓮に依頼するなら FAQ 今までの事例 お問い合わせ

伽蓮に依頼するなら

「誰のため・・・」「何のため・・・」のお葬式か!?

当店では、どのようにすれば納得ができ、心から故人さまを送ることができるか!ということを目的として考えていきますので、お葬式の形式はお客さまが主役として話を進めていきます。よって伽蓮では、予算であれば、決められた予算の範囲でのやり方で葬儀したり、仏式・神式・キリスト・無宗教などの形式にこだわらないやり方で葬儀したり、従来のオーソドックスなやり方で葬儀をする、といった様々な要望に応えられるような体制を敷いています。

よくアイディア豊富な葬儀と感心されることも御座いますが、私はそういうつもりもありません。
葬儀の基本は正しく理解し使い分けています。 葬儀の基本というのは「お通夜」、「葬儀」、「火葬」、「埋葬」というプロセスをふんでいく中では、遺族の悲しさ、寂しさ、無念さ、これからの不安、様々な感情を味わいながら故人さまの死を受け入れ、感謝と別れの区切りをつける大切な時間なのです。

その葬儀の基本と御遺族さまの状況に耳を傾け、残された時間の中で、心から故人さまを送るという根本的な考えは、伽蓮の基本ですから誤解がないように申し上げておきます。ごあいさつページでも、お伝えした通り、御遺族さまの誰しも、経済状態の良い時、悪い時があります。「お金があるから豪華なお葬式をしたい」というのも結構ですし、お金が無い時は無いなりのやり方というのがあります。身内だけで、通夜、葬儀、火葬、を静かに行いお金をかけないやり方、反対に、どうしても派手になりやすいのは「告別式」です。これは故人の知人を呼んでお別れする儀式ですから、知人が多いほどにぎやかになりますし、そうなると式場の準備、祭壇、飾りつけ、返礼品、宗教的な儀式など、やり方によってはいくらでもお金がかかります。 お葬式でアイディアを出すというのは、出しようがなく、それ以外の場面となります。例えば、告別式で故人のアルバムやコレクションを展示したり、DVDやビデオの上映、最新式の納骨堂に入れること、墓石を独特のデザインにするというのがアイディアという感じです。

伽蓮と一緒に葬儀の目的を考えましょう。あなたはどのケースですか?

伽蓮と契約する10のSTEP

01

お客の状況に耳を傾けます

上記にある問題提起について、お客さまの要望に耳を傾けアドバイスします。

 

02

誰を中心にするのか?

家族葬を進めるにあたり、妻や長男など、喪主など決めます。

     

03

予算をどうするのか?

見積は細かい足し算をしたり、コースを選択させるような形式ではありません。要望に合わせた内訳で打ち合わせします。

 

04

自宅で行うか?自宅外でやるか?

自宅のスペースの問題、ゆっくり過ごせることができるか?近所柄の問題について打ち合わせして決定していきます。自宅外でしたら、寺院、斎場、ホテルなど・・・

     

05

葬儀の形式(宗教)をどうするか?

仏式、神式、キリスト教式、無教形式かを尋ねます。

 

06

祭壇を設けるか?

規模の話が中心になります。その上で祭壇を設けるか?棺と飾り花だけにするか?花にも様々な費用と種類があり、飾りつけの問題もあります。

     

07

知らせる範囲をどうるか?

家族以外、の知人と呼べる範囲をきめていきます。

 

08

香典・供物・供花は?

受け取るかどうか?お返しを当日にするか?四十九日以降にするかを決めていきます。

     

09

死亡通知をどうするか?

いつごろ、どのように形式で死亡通知をだすのか?知人へのあいさつ文も考えていきます。

 

10

その他

骨の処理法をアドバイスしたりします。
@墓地への埋葬 A納骨堂へおさめる B散骨 Cメモリアル製品にする D自宅へ保管する など

     

お葬式では、細かな手順や、服装、挨拶の仕方に気をとられる人が多くいらっしゃいますが、そういったことについては安心してください。お葬式が始まれば、私がタイミングよく指示をだしていきますし、その手順に沿っていれば問題ございません。上記のこと以外の細かな詳細については、お打合せの際にご説明させていただきます。

私は「心を込めて故人を送りたい」「後悔しないお別れをしたい」「故人らしさを大事にしたい」という思いに、耳を傾け従来の形式にとらわれない、思いを形にしたいというのが、「伽蓮」のコンセプトです。あくまで主人公は、故人さまと御遺族さまであり、私の役割は裏方としてのサポートということです。その中でできる限りのサポートをが私の姿勢であり務めです。まず伽蓮へお気軽にご相談下さい。

ご相談や内容に関する疑問についての質問など、お気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが、あなたのすべてお答えします。
▲PageTOP
Copyright (C) KAREN. All Rights Reserved.