三重県 葬儀社 四日市市 亀山市 / 伽蓮

葬祭コーディネーター 川戸弥生

〒519-0105 亀山市みずほ台14-321
四日市店 TEL:059-351-5122 | 亀山店 TEL/FAX:0595-83-0600

ごあいさつ

店舗概要 知っておきたいこと 伽蓮に依頼するなら FAQ 今までの事例 お問い合わせ

ごあいさつ

今、葬儀のスタイルが変わりつつあります

川戸弥生伽蓮のホームページへお越しいただきましてありがとうございます。私は伽蓮の代表 川戸と申します。少し話は長くなりますが、伽蓮のコンセプトについてお付き合いください。


近年、人が亡くなると、葬儀や告別式に多くの人を呼んで故人さまを見送る、という葬儀・告別式の形が少しずつ変わってきました。形の変化は少しづつですが、「葬儀の考え方」について変わってきています。簡単にいうと、近年の葬儀というのは「りっぱな祭壇を設けて、周りに供花を飾り、大勢の会葬者に見送られる、という従来の伝統的な形を望まない」という傾向がでてきているということです。


その為、葬儀社側にも御遺族さま側の様々な要望、葬儀に対する価値観に、できるだけ対応しようという動きもでてきております。葬儀の形は多様化して「心を込めて故人を送りたい」 「後悔しないお別れをしたい」 「故人らしさを大事にしたい」という共通の思いを前提に、新しい形にしても、伝統的な形にしても、納得できる葬儀の要望について、今、私たち葬儀社の姿勢も変わりつつあります。

その時が来た時の遺族の心理・お気持ちとは!?

御遺族さまの誰しも、経済状態の良い時・悪い時があります。「お金があるから豪華なお葬式をしたい」というのも結構ですし、お金が無い時は無いなりのやり方があります。私たちは、納得のできるお葬式をしたいと思っていても、なぜ思うような葬儀にはならないのでしょうか?それは、事前に準備や計画をたてていない状況がほとんどだからです。いざ、その時がくれば、御自身のしたい方法というのは具体的に浮かばず、また世間と違う形式をとることは、周囲から避難されやすく、だから形式通りに進めることが無難と、多くの人が考えてしまいます。


例えば病院で亡くなられた時は、御遺体を霊安室へ運び、御遺族さまはいろいろな作業や手続きに追われ、 死後数時間のうちに、御遺体をどこかへ搬送するようにしなければなりません。
そんな時の御遺族さまの状況はただ大慌てという感じで悲しみにふけっている余地はありません。
御遺族さまはお通夜やお葬式の準備を始めなければならない状況の中、病院内で御自分でいくつもの葬儀社を 比較検討し探すという人を私が知る限り滅多に見当たりません。

普通は、農協、互助会、生協などに加入している人は、そこに連絡して葬儀社にきてもらいます。または大手の葬儀社に頼むことがほとんどです。つまり御自分で葬儀社を探している人は少数派です。

業者というのは、形式通りに話を進め、見積を提示し、他の葬儀社と比較検討する間もなく、「私共にオカマセいただけますか?」という言葉に御遺族さまの方がうなずく事がほとんどで、その結果、驚くほど請求されたということも、最近のトラブルでよくあることです。こういう行き当たりばったりのやり方は、良い葬儀社にあたることもありますが、反対にトラブルを招くこともあります。

一般的にかかる費用とは!?

(財)日本消費者協会平成15年に調査した結果、葬儀にかかった費用の全国平均は、およそ236万円。細かな詳細は、@葬儀一式費用:約150万円、A飲食接待費:39万円、寺院の費用(お経、戒名、お布施):48万円。葬儀社のほとんどは、セット料金でのプランとランクを説明することが多くあります。

そのために、このような費用がかかることで「お葬式なんかやりたくない」と思う人も珍しくはありません。こうした現在の葬儀に対する価値観は、ただ伝統的な葬儀という不満や疑問につながり、御家族さまだけの、御身内さまだけの葬儀という見解も広がりつつあります。

伽蓮のスタイルとコンセプト

私は、葬儀社を探すにしても、ただ値段という数字だけを比較するのではなく、本当に値段に見合っているかどうか!?が重要と考えます。故人さまの身になり、御遺族さまの身になり、あなた様の声に耳を傾ける、その心を大切にしてくれる葬儀社をさがしましょう。

どんなお葬式が良いのか?は人により違い、状況も違い、希望も違い、一長一短があります。私の立場でこんなこというのも変なことですが・・・・・。

  • 本来のお葬式というのは幅広く自由に物事を考えてもよいと思います。葬儀の形は多様化していますが、何をやってもよいということではなく、誤解のないように、念押ししますが、奇抜なことをする事をけしかけているのではありません。

私は「心を込めて故人を送りたい」 「後悔しないお別れをしたい」 「故人らしさを大事にしたい」という思いに、耳を傾け従来の形式にとらわれない、思いを形にしたいというのが、「伽蓮」のコンセプトです。私はこの仕事をしてよく聞く言葉が「とどこおりなく」と「何をしとったのか全然覚えとらんわ」の2つです。

大切な人の最後の瞬間をこんな言葉と気持ちで送ってしまうなんて、とても残念なことです。あくまで主人公は、故人さまと御遺族さまであり、私の役割は裏方としてのサポートということです。お別れが、もう24時間しかない状況の中で、できる限りのサポートをさせていただくことが私の姿勢であり務めです。 私は、この仕事をするにあたり三つの信念を持っています。

新しい形式にしても、伝統的な形にしても、納得できる後悔しない葬儀を行うために、一度、あなた様も何のためにお葬式をするのか?と見失われた目的について考え直してみませんか?

▲PAGETOP

Copyright (C) KAREN. All Rights Reserved.